異音の正体

 ダンシングをすると、前輪付近から軋むような音がずーっとしてたんです。買ったときから。いろいろ当たってみたんですけどステムじゃないし、クイックレバーの締め付けが足らないわけでもない。なんなんだろうと思っていたところ、スポークのテンションが足らないんじゃないかといわれました。

 と、いうわけで今日はスポークのテンションアップをしてみました。幸いスポークテンションメーターと振れ取り台があるので自分の手でやってみることにしました。エアロスポークなので少し面倒でしたが、作業は30分ぐらいで終わりました。普段から振れ取りを自分でしてるなら、そんなに難しくないですね。

 早速乗ってみたところ、坂道でダンシングをしても軋み音がなくなりました。やっぱりテンションが足りてなかたのですみたいですね。体重が重いせいもあるかもしれません。スポークのテンションは低いといいことがないらしいです。力をロスしてしまうみたいです。ただし高すぎるとスポーク寿命を早めたり、路面の振動吸収性が悪くなるかもしれませんね。体重の軽い人はいいですね・・・・・。

 自転車部は新入部員二人入りましたヨー。ぜひ、後を任せられるくらい自転車に親しんでもらいたいものです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。