Messenger Bags

 実はわたくし、バッグが大好きです。身近にいる人はちょくちょくバッグが変わるのでお気づきでしょうが・・・・・。
 まぁ、当然ブランド物とかではなくて、自転車に乗るときに使う防水性に優れ、走行時に背負いやすい自転車用なのですが。
 今日はそんな自転車に使えるメッセンジャーバッグのブランド紹介です。
 
Ortlieb
 このブランドのバッグは特殊な”ファブリック”という、水を通さず、対磨耗性に優れた生地を使用しています。おかげで防水性は抜群です。
 さらに、防水能力を高めるために生地と生地は縫うのでなく「溶接」されます。バッグの口は独特の開閉機構を備え、これによって完全にバッグは密閉されます。
 防水能力は随一ですね。これを越えるバッグは早々ありません。私の大好きなブランドです。
 
Chrome
 特徴的なのはストラップ。シートベルトと同じ素材を使用し、さらにバックルが取り付けられています。このバックル、賛否両論あるんですが、私は好きです。
 表側は普通の布地ですが、裏側に防水加工が施されています。これは、すべてのメッセンジャーバッグに共通ですね。つーか、防水加工もしてねぇのはメッセンジャーバッグといえねぇよ、と。
 あとカラーが非常に豊富。店頭や、代理店に在庫がないときはかなり面倒なことになるようですが・・・・・。
 バッグは担ぐことに特化した構造となっているので、普通のショルダーバッグとしてはあまり使えないですね。
 スタンダードな右利き用(左肩に担ぐ)がほとんどですが、左利き用(右肩に担ぐ)もあるようです。
 
Timbuk 2
 もっともメジャーなメッセンジャーバッグでしょう。非常にオーソドックスです。可も不可もなくて感じでしょうか。個人的にあんまり好きじゃないです・・・・・。
 はい、次に行きましょ。
 
R.E.Load
 自在なオーダーが可能なバッグブランドです。少々お高くなりますが・・・・かっこいいのができます。
 ほかの人と同じじゃいやだ!って言う人にお勧め。日本じゃ持っている人は少ないだろうし、まずかぶらないでしょう。
 個人的には「これぞ、メッセンジャーバッグ!」っていう感じがしますが、どうでしょう?
 
RESISTANT
 日本のメッセンジャーがメッセンジャーたちに送る、メッセンジャーのためのバッグ。
 理想のバッグを目指し、メッセンジャーの使用に耐えうるものを作るのにかなり苦労したようです。
 うわさによると、かなりかっこいいらしいんですが、情報が少ないんですよ。
 サイトのつくりもなんだか親切じゃないし、どんな感じのバッグなのかいまいちわからない。
 本気の客以外お断りのようです。しかし、なればこそ気になるというか・・・・・。
 
 今回紹介したのはいずれも本物のメッセンジャーバッグです。当然、メッセンジャーたちの厳しい要求に応えるものです。
 おひとつどうでしょう?決して安くはないかもしれませんが、悪くない買い物だと思いませんか?
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。