2006年モデル

 さて、先日2006年モデルのロードバイク&パーツカタログが発売されまして、それをみながらあれが欲しいこれが欲しいと、悶々とする毎日であります。
 新製品とかが出るとみんなわくわくするものです。一年生の中には買ったばかりなのにもう浮気してるやつもいる始末。もっと自分の自転車を愛しなさい・・・・。男の性なのか?
 
 冗談はさておき、やっぱり2台くらいあったほうが便利なのは確かです。欲しいな、もう1台
 
 KLEIN をもう1台というのもいいなぁ。KLEIN の Q-Pro Carbon は以前に乗っていた CANNONDALE の CAAD 5 と比べると格段に疲れにくいです。長距離走るなら断然 KLEIN でしょう。
 それに、KLEIN だったら一度はカスタムカラーにしてみたいです。ほんとにキレイでうっとりしちゃいますね。だからといって床の間バイクにしちゃだめですよ?
 というわけで、アルミなら KLEIN。
 
 カーボンだとどうでしょう?性能でいうならやはり TIME でしょうね。でもよく見かけるしつまんないですよ。
 とうわけで、わたしは STORCK に目をつけております。あんまり話を聞かないのでよくわからないメーカですが、技術力は確かなようです。細かいとこの仕上げがイイ。飾り気がないのがまたそそる。価格もそんなに高いわけではないし、うーむ実に魅力的だ。
 
 チタン・・・・憧れです。チタンのあの鈍い輝きが最高。Au とか Ag とか Pt とかより、Ti。これですよ。ボルトがチタンってだけでもドキドキするのに丸ごとチタンですよ?たまらねぇ!
 戦えるチタンバイクといったらやはり LITESPEED でしょう。フレーム重量770gの GHISALLO とか、イっちゃってます。軽すぎだよ、軽すぎて怖いよ。買うならも少し地に足着いた VORTEX かな?とはいうものの、チタンバイクの宿命か。値段がべらぼうに高い。50万超えて、60万円近いです。夢のまた夢か。
 
 とまぁ、フレームに関してはこんなとこでしょうか。
 しかし・・・先立つものがない。悶々としながらカタログを眺めるばかりなり。
 妄想はほどほどに?しかし、チャリ部としては健全といえよう!
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。