ダリ展

 今日は昼頃に起きて、3時ごろに母とサルバトール・ダリ展に行ってきました。シュールレアリスムの不思議空間を体験。
 ダリとか、マグリットとか、ミロとかシュールレアリスムの絵はかなり好きです。一枚部屋に飾りたい。何が描いてあるのかよくわからない!理解できない!って言う人もいますが、理解なんてしなくていいんです。何か感じられれば。当のダリも「私の絵を理解して貰おうだって?描きて自身の私だって、理解出来ないのだから!」って言ってることですし。しかし、そのあとに「唯理解不能だからその絵に確たる意味がない事にはならない。逆に意識では捕らえられない、体系的で一貫した複雑且つ深く激しい意味を表わし得るのである。」とも続きますが。まぁ、個人的には面白いなと思えればいいような気がします。
 ダリはスペインのカタルーニャ出身なのですが、あの辺りは面白いことをする芸術家が多いですね。ダリ、ミロのほかにガウディやピカソもカタルーニャ出身です。土地の風土がそうさせるのでしょうか?一度言ってみたい土地です。スペインは他のところも周りたいなぁ。
 
 芸術関係で言えば、このまえ学校の図書室でアンディ・ウォーホルの画集(?)があったので思わず借りてしまいました。彼のシルクスクリーンも一枚でいいから欲しいです。キャンベルスープとか、コカコーラボトルとか、モンローとか。そして、さりげなく絵を飾れる部屋が欲しいです。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。