DSっていったら、シトロエンだろJK

先週の終わりから今週の頭にかけて、愛知の祖母のところへ行ってました。

イヌと戯れたり、

祖母と花を見に行ったり、

トヨタの自動車博物館へ車を見に行ったりしました。

自動車博物館では他にはこんなの↓もあったり。

おお、シトロエン11Bじゃないですか!

これは通称「トラクシオン・アバン」、日本語訳すると「前輪駆動」。というわけで、世界初のFF車です。
トラクシオン・アバンのデビューは1934年、シトロエンのヘンタイ的自動車造りはこの辺から始まったわけですね。
21年後の1955年には、前輪駆動に加えて「ハイドロニューマチック」という、これまたヘンタイな機構を備えた歴史的名車「シトロエンDS」が出てくるわけです(DSは展示されてなかった、残念!)。
ハイドロニューマチックとか、もう発想がすごすぎます。空気とオイルを使ったサスペンションシステムなんですが、サスペンション用の高圧オイルを、変速とブレーキさらにはパワステにまで使うという、合理的かつとんでもない設計になっております。ええ、そうです。オイルが抜けるようなことがあれば一環の終わりです。
最近のシトロエンはさすがにサスペンションと他の油圧系統は切り離しているようですが・・・・・シトロエンのファンの中には「らしくねぇ」との声もあるようです。

新しいシトロエンC5とかどうでしょう?ハイドロの乗り心地は病み付きらしいですね。患者になるとこうなるようです。猛者はDSとか、写真の11Bを走らせていたりするみたいです・・・・・すげぇ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。