Canon S90を修理に出さねば。

デジカメですが、私はCanon S90を愛用しております。

コンデジとしてはなかなか優秀なやつだと思っています。後継機のS95の方が当然高性能で、しかも安くなっており軽くショックを受けましたが・・・・・。

そんなS90の調子が最近良くない。メカ的とか、電子的な壊れ方ではないのですが。

1.光学経路のどっかにゴミが入ったようだ。

最近LCDの真ん中上部に、黒いシミ状に何かが映り込むようになりました。F8.0位まで絞り込んで、白い背景でピントを合わせると良く見えます。LCDの表示不良(いわゆるドット抜け)ではないですし、表側のレンズを見ても汚れはありません。CCD表面にゴミでもついたのでしょうか?コレは素人には掃除できないですねぇ。一眼では掃除できたりするようですが・・・・・。

2.前面カバーがおかしい

なんだか、前面カバーがカパカパ開きかけるんですよ。ちょうどフラシュの内蔵されているあたりからカパッと。爪か何か折れたりしたんでしょうか?そんな扱いをした覚えはないのですが・・・・・。1の症状もコレが原因だったりするんでしょうか。とにかく不安です。

どう考えても修理に出すべき状態でしょう。無償で行けるといいのですが、なんにせよしばらく預けることになりますね。はぁ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。