OLIGHT S35 BATON

夜間走行が多い自転車乗りはライト沼にハマることが多いようです。自分の場合も例外ではなく、いろいろ買いあさった口ですが、去年にHOPE VISION 1 LEDを手に入れて一応の決着が付きました。かなり使い勝手いいし、CATEYEのエコノムフォースよりカッコ良くて、防水性能も高そうだったので気に入ってたんですよ。

そう、決着はついたはずだったんです、取り付けのプラ台座にクラックが入ってるのを発見するまでは。うわー、ハンドルに続きこっちもかよ!!CATEYEなら台座だけスモールパーツで手に入るけど、こいつは手に入るのかなぁ?入らないだろうなぁ。

というわけで、再びライト沼へ身を沈めることに。CATEYEのエコノムフォースことHL-EL540を買えばそれで決着でしょうが、自分天邪鬼ですからそうは行きません。

えーっと、とりあえずこの前なんとなしに買ってみたSunwayman R20Aを使ってみましょう。取り付けは定番のBikeguyのライトホルダーで。

電池は単3が2本、明るさはHiが180lm(2h)、Midが35lm(50h)、Lowが4lm(200h)。スイッチのOnOffはおしりのスイッチで、点灯後に軽く押すことでモードチェンジします。ふむふむ、普段はMidで使って暗いとこでHiにするとランタイムを伸ばせそうですね。Hiモードはかなり明るく、照らし方はVISION 1 LEDより良い感じ。値段が安いのもGOOD。アカリセンターで3675円で購入可能です。

しかし実走したところ、使いものにならないことが判明しました。バッテリーボックスの経が電池より太いため、「荒れた路面でカタカタと電池が暴れる→勝手にモードチェンジ」を頻繁に起こすのです。こりゃダメだ。Fenix L2Dでも同じような症状があったようですから、スイッチ半押しでモードチェンジさせるタイプのライトはダメなんでしょうね。紙か何かで隙間を塞げばうまくいくかな?でも難しそう。不思議な事に、手で持ってバシバシ叩いてもモードチェンジは起きないんですよね。とりあえず、こいつはボツです。

次の候補をネットで検索です。お?コイツは良さそう・・・・・早速ポチってみましょう。

さて、届きました。OLIGHT S35 BATONです。OLIGHTだとT25が定番のようですがそこはホラ、天邪鬼ですから。

立派なBOX入り。ホルスター、キーリング、ディフューザーレンズ付きです。

単3電池を3本使用するため、寸胴なデザイン。2AAのモデルと比べてかなり重いし・・・・・太い!

BIKEGUYのライトホルダーにもなんとか取り付け可能ですが、通常だとライト取り付け側のベルクロの長さが足りません。ニコイチするか、通常より長いベルクロを別途購入の必要があります。

MAX380lm(8100カンデラでHL-EL540の2倍!)で1.5h、Midの120lmだと3.5h使用可能とのこと。早速今日の帰宅時に試してみます。さてどうかなー?

4/30追記

S35、試してみた感じ良好です。明るさも、照射範囲もいい感じ。ただし、やはり重いのでBikeguy ライトホルダだとズレはしませんが、微振動してしまいます。気になる人は取り付け方法を考えなくてはいけません。もしくはOlight T25にするか。

ランタイムはかなり長いです。MAXモードは測定していませんが、120lmモードだと6時間くらいは照度キープします。AMAZONの商品紹介だと5時間になっているので、こちらが正しいのでしょう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。