Ortliebのサドルバッグ

ライディングの必需品、サドルバッグなのですが、前々から疑問だったことが一つ。

「あんなに水のかかりやすい場所にあるのに、なぜ防水でないのだ?」

不思議と防水のものがない。あるにはあるけど、少ない。レインカバー付きというのはあるけど、カバーはめんどくさい。普通のサドルバッグだと、雨天に走行すると工具とか錆びますよね。布に泥が染みこんで汚くなるし、いちいち乾かしたりするのも手間だし・・・・・。

つーわけで防水製品の大御所、Ortliebがサドルバッグ出していますので手に入れてみました。

Ortlieb サドルバッグ マイクロサイズ

コレはマイクロサイズ。予備チューブ、パッチ、タイヤレバー3本、単3電池3本、単4電池2本、CR2032電池2個、携帯工具・・・・・これだけ入れて、若干の余裕がある感じ。十分でしょう。

容量0.6L、一般的なサイズ?

自転車につけると、こんな感じ。ロードバイクのスタイルを崩さない、限界サイズかな?コレ以上デカイのは野暮ったいですね。

Ortlieb サドルバッグ Mサイズ

ちなみに、Ortliebのサドルバッグは全サイズでマウントが共通です。コレはMサイズ。マウントをレールのカドに斜めにつけている(※ここじゃないとズレる)ので、Lサイズは多分ムリ。後ろが上に飛び出すと思われます。Mサイズ、使うことがあるんでしょうか・・・・・容量は1.3Lとのことなので、マイクロの倍ぐらいですね。追加でコンデジなり、ケータイ電話なりは余裕ではいるでしょう。

瞬間接着剤で貼り付け。見た目がよろしくない・・・・・。

ちなみにMサイズには小改造を施してます。シートポストへ固定するストラップが付いているのですが、シートポストに届かない&使わないので取り外して、穴を塞ぎました。我ながらやっつけ気味の仕事ですね。

Rixen&Kaul サドルバッグ マイクロ30

防水は必要ないorもっと小容量がイイという人はRixen&Kaulのサドルバッグをオススメしときます。Sciconのサドルバッグより断然作りがイイです。さすがドイツ。Ortliebもドイツです。工業製品はやはりドイツがイイですね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。