タイヤの管理は適切に。

先週の日曜日、実家から自転車で帰る途中エライ目に会いまして・・・・・、途中から輪行せざる負えなくなってしまいました。

発端は空気圧管理のミスです。実家から5kmばかし走ったあとで、後輪の空気圧がかなり落ちていることに気が付きました。出掛に入れ忘れてしまったのが痛い。ひとまず携帯ポンプで空気を足すことにしました。

シュコシュコと頑張ってポンピングして・・・・さぁ、空気入りました。OK!ポンプ外すぜ。

「バシュー!!」

ええ!?な、何が起きた。

(注:再現映像です。)

バルブコアごと外れやがった・・・・・。空気全抜けじゃねーかよ。

しょーがないので、バルブコアねじ込んで、ポンプ口金もねじ込んで、もう一回空気入れます。ビードを上げるのに苦労しつつ、なんとか空気入ったのでポンプを外すと・・・・・。

「バシュー!!」

ま・た・か。おまけに、いくら頑張ってポンピングしてもビードが上がらなくなっちゃいました。最悪の事態です。しかし、まさかの事態のためにチューブも持ってきていたので、これで応急処置を施してみることにしました。

でも、悪いことは続くものです。暗がりの中焦って作業をしたので、どうやらリムとタイヤの間にチューブが噛んでいたようです。2kmも走らぬうちにパンク!も~ダメです。諦めて最寄りの駅を探し、その日は輪行で帰りました。

その後、仕事が忙しくって手をつけることができていなかったのですが、今日ようやく修理開始。

ゴミだらけ

とりあえずタイヤ外して、シーラントのカスを清掃。リムに付着したシーラントを取るのが意外と大変。めんどくさいなぁ・・・・・リムセメントほどじゃないと思うけど。

つぎはタイヤをチェックしてみます。

亀裂入ってます

う~ん、表側はなんともないんですけどね。走行距離も大したことないし。でも、内側に亀裂がチラホラと。クリンチャーとしては使用できるかもですが、チューブレスタイヤとして使うにはちと不安です。

まぁ、履き替えですね。諦めて新しいタイヤを装着しました。ビードワックス使うと意外と楽に行けますね。コイツはマストだな。

MTBも扱ってる店なら、結構おいてある?

空気入れる装備もちょっと変更。こんなのを手に入れて、

Lezyne TRIGGER DRIVE CO2

ポンプ台座に変えてこんなのを取り付けました。

BBB CO2ホールド

ま、チューブレスだからまずパンクはないでしょうが・・・・・イザという時のためですね。携帯ポンプはLezyne Road Drive使っていたのですが、これからはジャージのポケットに収まるタイプってことで、手持ちであったLezyne HP Driveをとりあえず使うことにします。

今度から、バルブコアには気をつけよう・・・・・。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。