チューブレスタイヤでパンク

携帯ポンプで空気入れていたら、バルブコアが外れて走行不能に・・・・・という話を以前しました。じゃあ、普通にタイヤになにか刺さった場合どうなるのか?というのが今回の話。

結論から言うと、走行中には気が付きませんでした。整備中にタイヤの表面をチェックしていて、ようやくパンクしていたことに気が付きました。

知らぬ間にできていた切り傷。

タイヤに残った傷を見るに、鋭利なガラス片か何かを踏んだようですね。空気漏れはしたようですが、噴き出たシーラントですぐにふさがったようです。

後輪だけやけに空気圧が減っていて変だな?とか、フレームのBB~シートチューブにかけてが、やたら汚れているな?とかはあったんですが、別に走行に支障がある何かがある訳でもなく、別段気にしてなかったんですよねー。パンクだったのか・・・・・。

やはり対パンク性能はチューブレス+シーラントが最強ですね。タイヤをサイドカットとかしたらアウトでしょうけど、それはWOでもTUでも同じですし。

残る問題は、インストールのしづらさと、シーラントでリムが腐食する危険性があるということですかね。でもMTBのXCレースではほぼ100%チューブレスだという話ですし、そのうち解決するんじゃないかと期待しています。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。