ARUNDEL ステンレスケージ

ボトルケージの素材は大きく分けて3種類。金属か、樹脂か、カーボンか。

金属、特にアルミ製ケージは曲がりやすいし、カーボンケージは割れると面倒なので、私は基本樹脂ケージ派。しかし、樹脂製のモノはその素材感が手伝って、安っぽい&カッコよくないモノが大半で、良いモノを探すのになかなか難儀しますね。

そんな中、個人的に数少ないカッコいい樹脂ゲージだと思っているのが、SPECIALIZEDのRib Cageシリーズです。ここ5年間程愛用しており、フレームはキャノンデールでもケージはスペシャとかやっていました。

今の愛車はSPECIALIZEDですから、もちろんケージもRib Cage―――だったのですが、現行モデルはどうも出来がよろしくない。なんか使っているうちに塗装が剥げてくるし、やたらとボトルにキズができるんです。出し入れは不自由しないし、段差でボトルが吹っ飛ぶこともないんで、その辺は優秀だとは思いますが、どうにもいただけない。

塗装が削れる&ボトルが傷だらけになる

うーん、いっちょ変えて見るかと思ったのですが、先ほど書いた通り中々無いんですよ、イイのが。それでもと探して、目星を付けたのは2つ。TACXのTAO LIGHTとLEZYNEのFLOW CAGEです。

通販使えば確実に手に入るのですが、超特急で欲しかったので実店舗に行く事に。Y’s Road 横浜に行ってみたんですけど、あれ?ココあんましボトルケージ無い・・・・・FLOW CAGEはあるけどホワイトしかないし。TACX TAO LIGHTどころか、ノーマルのTAOすらねぇ。他のボトルケージもイマイチなラインナップ・・・・・売る気あるんか?

さてどーっすかなー、諦めっかなーっと思っていたところで目に入ったのがコレ。

ARUNDEL ステンレスケージ

ARUNDEL ステンレスケージです。ここにあるということは・・・・・はい、買いました。金属製は最初考えてなかったんですけどね。以前使ったことのあるチウッジイノックスは結構良かったよな?ステンレスなら大丈夫かな?と自分を納得させた次第です。

他のパーツを黒でまとめていたんで、ボトルケージも黒で考えていたんですが、つけてみると結構イケてるんじゃないですか?これ。抜き差しした感じは良好。Rib Cageのときは、ダウンチューブのボトルと、シートチューブのボトルケージが干渉していたんですが、それも解消されました(スペシャのフレームにスペシャのボトルケージがダメって一体・・・・・?)。

全体像

ガーミンチームがパリ~ルーベで同一のモデルを使っているところを見るあたり、悪路でもボトルをしっかりと保持してくれるようです。

サーベロ乗り、もしくはカーボンケージは嫌いだけどカッコいいボトルケージをお探しの方に最適です。なお、お金に余裕のある方は、同メーカーのカーボン製をオススメしときます。芯材が入っているのでカーボン製ですが割れないとのことです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。