Logicool t650 & Microsoft Touch Mouse

パソコン買い換えに伴いOSがWindows 7 からWindows 8になったのですが、Windows 8はタッチパネル向けの操作が多いので、普通のマウスだとちょっとめんどくさいですね。特に頻繁に操作するスタート画面⇔デスクトップ画面の行き来とか。

というわけで、Windows 8向けのポインティングデバイスを使ってみることにしました。

はじめに買ったのはLogicoolのt650。デスクトップ向けの大型トラックパッドですね。AppleのMagic Trackpadのパクリ

Logicool t650

マルチタッチ対応で4本指までのジェスチャに対応し、直感的にWindows 8を操作できて快適です。

t650裏面

パッド裏側のゴム足がスイッチになっていて、クリックはパッド全体を押し下げることで行います。パッドの右下隅を押し下げると右クリックになります。右クリックの設定は変更することができ、自分の場合は、1本指でクリックorタップで左クリック、2本指でクリックorタップで右クリックという設定にしました。ちなみに、中ボタンは3本指でクリックorタップで対応しています。

t650設定画面

設定画面はこんな感じ。各ジェスチャのオンオフが可能です。ネガとしては、それぞれのジェスチャに対応する動作を変えられないってことですかね。しばらく使用した感じでは特に不自由は感じませんでした。標準設定のジェスチャで、直感的で素早い操作が可能です。ただ、自分のクセで誤作動を頻発させてしまうジェスチャに関しては、設定で殺すしか無いわけです。ちょっとムダかも。

しかし、コレいまいち使いづらい!いえ、製品のせいではありません。トラックパッドが今ひとつ自分に合わなかったんです。トラックパッド全体を押しながらドラッグ&ドロップしたり、指でポインティングするので精度がどうも甘くなるのが、ストレスになってしまったのです。画面スクロールとかはヌルサクで気持ちよかったんですけどね。

やっぱしマウスだなーっと思って、次に購入したのがMicrosoft Touch Mouseです。AppleのMagic Mouseのパクリ

Microsoft Touch Mouse

ボタンのないツルッとしたデザインで、表面のXマークが散りばめられた部分がタッチパネルになっています。マウスのトップカバー部分がクリックボタンになっていて、左クリック・右クリックの判定は指がタッチパネルのどこに置かれているかによってされるようです。左クリックは、ただ押しこめば反応するんですけど、右クリックにちょっとコツが要りますね。人差し指がのっていると左クリックになってしまうので、人差し指を浮かしてクリック。コレをクセにしなければダメです。というか、まんまMagic Mouseですね。

価格コムのレビューでは、親指のジェスチャが誤反応するという書き込みが多かったのですが、自分の場合は一度もないですね。マウスの持ち方が問題なのでしょう、握った時に親指が側面のツヤの有るプラスチックの部分にくれば大丈夫です。

Microsoft Touch Mouse 設定画面

設定画面はこんな感じ。

Microsoft Touch Mouse 設定画面2

t650はジェスチャに対する動作を選べませんでしたが、こちらは選べます。多少制限はあるものの、かなり自分好みにセッティングできる感じです。使用感はかなりいいです。マウスの正確なポインティング+タッチジェスチャによる快適操作って感じでほぼ完璧です。問題は、中ボタンクリックが無いことですかね。タッチジェスチャに割り振ることは可能ですが、ソフトによっては反応しない?感じです。

トラックパッドでの操作に慣れた人やより直感的動作を好む人はt650、素早く正確なポインティングが必要なひとはTouch Mouseがいいんでないでしょうか?

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。