アーカイブ

未分類

先週末、伊豆のCSCにて自転車部の合宿があったので、修善寺まで行ってきました。
3連休だったので、道がメチャ混み。行きに7時間半、帰りも6時間くらいはかかったかな?
交通集中が主な原因でしょうが、事故も多かったみたいです。行きにも1件見ましたし、帰りなんか事故3件+故障車2台です。サンデードライバーが多いんですかね・・・・・。
移動にめちゃくちゃ時間がかかったので、チャリにはあんまり乗ってないのです。どっちかっていうと、行商しに行ったような。そんなこんなでキシリESとCAAD9は買い取られていきました。ありがとうございます。
次のチャリ部的イベントは10月24日のジャパンカップの観戦です。泊まり組もいるようですが、自分は休みが取れないので日帰り参加します。
ちなみに土曜の夜or日曜日早朝出発です。同乗を希望される方は連絡願います。

漫画に飢えていたので、ブレイクブレイドを全巻まとめ買い→その日のうちに読破。
おお、なかなか面白いじゃないですか。原作の方はまだまだ続きそうですね。アニメ(映画)もやってるみたいですが、全6部で収まるのだろうか・・・・?
なんにせよ、続きが楽しみな漫画が増えました。でもまだ足りないなー、なんか面白いのないですかー?

595のシートポストの硬さ調整のエラストマーを標準(赤)から硬め(黒)に交換してみました。触った感じの硬さはだいぶ違うんですが・・・・・実際のところはどうなんだろう。交換後はまだ乗ってないのであれですが、長距離乗らないとわからないような気がしますよ?
見た目の変化は結構大きいかも。前よりちょっと締まった感じに見えるか?

先日、こんなものを買ってきました。そうです、これを買ったということはつまりはそういう事です。
やつは今国内を輸送中です。多分明日辺りには・・・・・!!

ホイールに付いての情報を収集していたら、こんな資料を見つけました。
2008年当時のファクトリーホイールの剛性テストの結果です。
概ね前輪が45N/mm、後輪が40N/mm以上あれば十分な剛性を持つホイールと言えそうです。
で、Raynolds DV46ULはというと・・・・・前輪の47N/mmに対して、後輪は30N/mm!フニャフニャだぁ~!!
これは私向きではないですね、確実に。但し、現在のDV46ULは後輪のスポーク数が20本から24本に増えてます。どのくらい効果があるかわからないですが・・・・・。
ちなみにMAVICのホイールはどれも剛性の高い設定になっているようです。
それよりも若干柔らかめなのが、カンパニョーロと、それに連なるフルクラム。
MAVICとカンパ・フルクラムの間にシマノといったところでしょうか。シマノの剛性が高いのは、よほど懲りたんでしょうね・・・・・アレに。

さて、こうなってくると興味が湧いてくるのがFFWD。2008年当時にはすでに存在していたようですが、この資料の中にはありませんね・・・・・レビュー記事をあさってみたところ、なんとなくその性格が分かってきました。
・オランダのメーカーで、現地で職人が一つ一つ組み上げ、それぞれにシリアルナンバーが入れられる。
・仕上げはかなり丁寧。デカールを貼った上からクリア塗装がなされる。ブレーキ面はもちろん無塗装。
・スポークとハブは信頼性が高く、回転に定評のあるDT SWISS製(ボントレガーのハブなどがDT製だったりする。)
・オランダ人は体格のいい人が多い。それに合わせたためか、競合他社に比べスポーク本数が多く、剛性が高めの設定。
つまり、頑丈でガシガシ使えるホイールであるが反面、普及品を使用しているが故にスペシャル感に乏しく、また重めであるといった感じです。
軽さのRaynolds、空力のZipp、剛性のFFWDといったところでしょうか?
体重が軽いならRaynoldsがいいんじゃないでしょうか?
レースの際の決戦スペシャルはZippかなぁ?パリルーベでも使えるところを見ると、以前よりかなり丈夫なようですが。
安くて、ガシガシ使えるのはFFWDでしょうかね?
ちなみにZippにはシクロクロス用のモデルもあります。後輪はそれにすればいいような気もしますね。但しFFWDは安い!6万くらい安いんじゃないでしょうか?
6万円でウェアを買ったほうが強くなれるような気もします。う~ん悩みどころ。

追伸:キシリウムESくれとの声がありますが・・・・・タダは嫌ですよ!?

今週末は土日共に休みでした。
空調屋は夏の休みが少ない代わりに、暇になってくる秋ぐらいの休日を増やして辻褄を合わせるので、9、10月は休みが多いのです。10月とか、週休4日(!)のときもあります。
ただし、今年は異常に暑いのでまだ忙しいですけど・・・・・。

なんだか妙に疲れていて、2日間ダラダラと過ごしてしまったのですが、それなりに色々と考え事をしたり、調べたりしていました・・・・・ぼやけた頭で。

・Underworldの新しいアルバムについて
Underworldの新盤が発売されました。タイトルはBarkingです。CDのアートワークから、中の曲までこれまでのUnderworldとは一味違いますね。アートワークはいやにカラフルで歌モノ中心の楽曲構成。まぁ、これはこれでありか?
でも一番好きなアルバムは初めてアンダーワールドを聞いたA Hundred Days Offなんだな。

・いつか木の家に住みたいと夢見たり
夏に叔父のログハウスに遊びに行ったとき、やはりログはいいなぁと思ってしまった。ログハウスの国内最大手はBESSという会社だそうで。ここのワンダーデバイスという家に一目惚れ。
正確に言うとログハウスではないんだけど・・・・土間があるのがイイ。お望みならガレージを作ることもできる。
しかしなぁ、家建てるのは大変だ。オヤジの田舎には土地があるけれど、仕事が東京じゃあねぇ?夢のまた夢か。

・海外通販サイト(日本へ発送可能)にLook695が出た
Bellati sportにLook695がUpされました。私が見たときは333,650でした。なにこれ安い。ちなみに定価は444,866だそうで、日本の実売価格は多分このあたりじゃないかと。
シートポストが一体型で、カーボンのステムとクランクが付いてくることを考えたらべらぼうに安いですね。来年はこれに乗る人多いんじゃないでしょうか?
ただ気になるのは、チェーンリングが付いてこないこと。んー、DURAのチェーンリングを単品購入して付ける?どっか干渉しなければいいけど・・・・・。

・ホイールに付いてあれこれ
カーボンホイールが最近気になってしょうがありません。DV46ULSDV66とどっちがいいかなー?なんてことをずっと考えてます。
平地ぶっ飛ばすならSDV66に決まってんだろとか、よりオールラウンドなのはDV46ULだし体重が重いからスポーク本数多いほうがいいんじゃないかとか、スポーク本数が多くてリムハイト高いのがいいなら404にしたほうがいいんじゃないかとか、でもやっぱりハブの耐久性が気になるしSDV66の方がいいんじゃないかとか。
もう、これは買ってしまいそうですね。
しかし、そうなるとキシリウムESをどうするかですよ。決して悪いホイールではありません。剛性が高いので、体重重くても平気ですし、加速の時のカッチリ感はなかなかイイです。リムの内側には穴がないのでリムフラップいりませんし、それに起因するパンクもない。ただ、惜しむらくはSHAMAL Ultraと使用用途がかぶること。
どっちか選べと聞かれたら、なんとなくSHAMAL選んじゃいますね。
ちなみに、1400g台のアルミホイールを今選ぶとしたら、DT SWISSのRR 1450 Triconです。お勧めです。

ああ、あともうちょっとでサーバーの復旧が終わる!!

今日は起きたら、午後2時を過ぎていました。私の部屋は、マンションの通路側なので天気とか時間がよくわからないのです。

とりあえず、今日やらなくてはいけないことは二つ。
・なんだか調子悪いサーバーのクリーンインストール作業
・自転車の清掃と注油
です。

とりあえずサーバーから手をつけてみる。
OSの再インストールもしてみたが、データも含めて最初からやり直さないと、クズデータや変な設定が残ってしまうようで・・・・・。
中のデータを一時的に他の場所に移す作業から開始。ノーパソ本体(1TB)と、使ってないHDD(1TB)にデータを移す作業を開始。
それだけだと足りないので、大宮のSofmapに2TBのHDDを買いに行く。最近安いとは聞いていたけれど、2TBが9000円以下で買えるなんて・・・・・。
ついでに内蔵HDD用のシリコンバンパーも購入。

しかし、肝心のデータの移動が終わらない。動画だけで24時間かかるのか!

データを移動している間は暇なので、自転車の清掃もやる。BB周辺というのは本当に汚れやすい。ケストレルのアレなら掃除しやすいのかなーなどと考えつつフキフキ。
チェーンの汚れも落として、再注油。今回はチェーンオイルを変えてみました。ずーっとフィニッシュラインだったんですが、ペドロスのチェーンJにしてみました。
いままで使ったオイルの中で、一番いいと思っているのはフィニッシュラインのウェットルブ(緑キャップ)です。安いし耐久性・潤滑性能どちらもかなりイイ。ただしチェーンがめちゃくちゃ汚れます。これが弱点といえば弱点。
レスポとか、ワコーズのチェーンスプレーとか、フィニッシュラインのドライルブ(赤キャップ)とかなんかどれもイマイチだったんですよね。
さて、こいつはどうなんでしょうか?


↑右がペドロスのチェーンJ、左がこれまで使っていた、フィニッシュラインのロードセラミックルブ(絶版)

まだまだやらなくちゃいけないことが残ってます。
・キシリウムESに引き取り手が見つかりそうなので、保証書や、付属工具を揃える。
・CAAD9フレームを売るために、防犯登録の解除。
さて、書類はどこにいった・・・・・?

今まで通勤にはChromeのクレムリンを使っていたのですが、最近荷物が減ってきたので過剰装備に・・・・・。さすがに50L級は邪魔になります。
そこで、Timbuk2のクラッシックメッセンジャーのMサイズにしてみることにしました。
Timbuk2は今年マイナーチェンジして、バックルとポケットの仕様が少し変わり使いやすくなったので注目していました。
使ってみた感じ
・新規追加の、背中側のコンパートメントはノートパソコンの収納に便利。
→Coromeは内部が分かれていたりしないので、ファイルやノートパソコンが中で暴れる。
・フロントポケットが増えて、内部スペースを潰さずに小物の収納ができるようになった。
→旧モデルは、フロントポケットが少なかったので、内側にあるポケットに入れるしかなかった。
・バックルは以前のものより、長さ調整が楽。
→旧タイプは最悪。片手で簡単に調整できるChromeとは比べ物にならなかった。
・背負った時の安定感はChromeの方が上。ベルトの調整もまだChromeの方が楽。
→ただし、安定感についてはサイズが小さくなったこと、背中側に変形しないもの(パソコン)があることを考慮すべきだと思う。

自分が本職のメッセンジャーだったら、迷うことなくCorome(それよりもRESISTANTか?)です。でも、ポケットなどの使い勝手はTimbuk2の方が上ですね。つまり普通のカバンとしてはTimbuk2の方がいいかな?

ともかく、しばらくはこれで行きます。

昼飯食って、一休み。水分補給をマメにしないと、マジで死にます。屋上の気温は40度以上・・・・・。

ところで最近、ディープリムのホイールが欲しいくなりまして。どちらかというとスピードマンな脚質ですし、平地飛ばすほうが楽しいのでリムハイト50mm位のホイールが欲しいですね・・・・・。

で、目を着けているのがREYNOLDS DV46T ULです。スポーク、ハブは定評の有るDT SWISS製。リムはあのLEWがOEM生産しているという噂があり、めちゃくちゃ軽いのが特徴です。なんせ、前後セットで1200g切ってます。リムハイト46mmで。しかも大本営発表ではなくて、実際にそのくらいの重さでおさまってくるとの噂。期待大です。
ちなみにクリンチャーバージョンもあり、こちらは1410g。重さ的にはSHAMALとそんな変わらないですが、空力においてアドバンテージがあるでしょう。

あとは金か・・・・・、うちにキシリウムESが余っているのですが、誰か買いませんか?(笑)

うおー、盆休みから帰ってみたら超忙しいぞー。

さて後半ですが、親父が合流した次の日から長野へ遊びに行きました。
御嶽山の麓あたりです、三岳村ですね。

もう、マジで山ん中です。
一日目は生憎の雨で、別荘内の掃除と温泉に入りに行くだけで終わっちゃいました。
雨なんで星空も見えず・・・・・残念。

2日目は雨が上がったので奈良井宿まで遊びに行ってきました。
チャリで往復80kmくらいでしたね。しっかし、田舎の幹線道路は東京より走りづらいですよ。
やはり田舎は車メインの社会なのだと実感。

奈良井宿にはほぼ毎年行っているのですが、特にお袋はこの店がお気に入り。

漆器のお店なんですが、面白いデザインの器が結構あるんですよ。
上の写真のシリーズを主に、毎年買い増していってる感じですね。

新製品だというスタッキングシリーズ。

こういうふうに、重ねられます。漆の器は重ねるときに気を使うので、なかなか使い勝手がいいんじゃないでしょうか?
欲しいんですが、いろいろ揃えようとすると高い・・・・・。

3日目も雨、昼までゴロゴロして東京に帰宅しました。

まぁ、そこそこリフレッシュできてよかったです。特に長野の三日間は気持ちよかったですね。雨ばっかりだったのが残念でしたが。

あーもっと休みが欲しい・・・・ヨーロッパの企業くらい欲しい・・・・。